Businessmen

​成功事例

アメリカにおける自動車生産台数は1705万台(2019年実績)と、日本の生産台数921万台と比べ大きな市場です。C.A.S.E.など次世代自動車技術への投資がさかんなアメリカでは常に海外からの新しい技術を求めており、優れた製品・技術を持っていれば、たとえ中小企業であっても設立して間もないベンチャー企業であっても門戸が開かれています。

A-Lexが担当した日系企業の進出事例を数点ご紹介します。

事例1: 車両用エンブレム

 

米国において、エアバッグ破裂時に、ABSにメッキをしたエンブレムの破片が運転者の顔を直撃するクレームが発生した。A-Lexは安全なエンブレムが提供できれば需要が生じるのではないかと考え、日本の樹脂製品メーカーと銘板メーカーと協力し、ゴムのような弾性を持つプラスティックであるエラストマーにアルミ蒸着を施すことにより柔軟性を維持しつつも曲げても表面に傷が入らない工法を提案、更に信頼性を示すために、曲げ強度や耐熱試験など多くのテストデータを提出。結果、ある日系自動車会社の全ての米国製造車で採用となった。

Embrem.jpg

事例2: 排気系ステンレス鋳造部品

EGR.jpg

ステンレス鋳造品では巣穴・引け巣などの欠陥が不可避であるが、これらの欠陥が市場に流出すると大事故につながる恐れがある。それにも関わらず、競合の鋳造会社による製品は納品後の欠陥による返品率が約0.05%で、これが業界では平均とされていた。A-Lexはこの欠陥を避けるために、日系の会社と協力。この会社は型設計から最終検査までの13工程すべてにおける徹底した検査体制により、不良品を出荷せず、返品率はほぼゼロ。これにより、競合からの置き換えに成功。

事例2: 排気系ステンレス鋳造部品

事例3: 自動車部品向け精密金属加工試作

 

ステンレス鋳造品では巣穴・引け巣などの欠陥が不可避であるが、これらの欠陥が市場に流出すると大事故につながる恐れがある。それにも関わらず、競合の鋳造会社による製品は納品後の欠陥による返品率が約0.05%で、これが業界では平均とされていた。A-Lexはこの欠陥を避けるために、日系の会社と協力。この会社は型設計から最終検査までの13工程すべてにおける徹底した検査体制により、不良品を出荷せず、返品率はほぼゼロ。これにより、競合からの置き換えに成功。

IMG_1715.jpg