NEWS

検索

日本の企業とビジネスを行う在米4社が営業・人事・販売・マーケティングなどのそれぞれの切り口で現在の日米ビジネスの分析をお届けする「日米ビジネス展望」第三弾。今回のテーマは「ハイテクジャパン」です。弊社はコンクリートの強度をテストする最新技術についてお送りします。


The 3rd theme for our blog is "High-Tech Japan". In our blog, A-Lex introduces the latest technologies from a Japanese company for construction industries. English article follows Japanese.

********************



 高層ビルや商用ビル、トンネルの外壁、橋梁など、至る所で使用されているコンクリート。だが強度が低下すると上からの重量に耐えきれず割れてしまい、結果として崩壊などの大事故につながる恐れがある。よってコンクリートの強度は様々な業界で必須の検査となる。

 コンクリート強度を検査する方法として、コンクリート構造物(建物、橋など)からコンクリートをシリンダー状に抜きとって行う圧縮強度試験のほかに、打音法・リバウンドハンマーなどいわゆる非破壊式の検査方法が広く採用されている。しかし打音法は測定する人の経験や感覚によるため、計測する人によって結果が異なり、また計測結果をデータとして残させない。リバウンドハンマーは反発硬度法の代表的な測定器であるが、圧縮強度試験と比べると検査精度がよくない上、計測対象のコンクリート表面を研磨したり、測定する角度によって検査結果の補正が必要であり、コンクリート表面の剥がれやコンクリート内部の摩耗の検知には向いていない。

 そこで打音法の利便性をもち、リバウンドハンマーの精度を大きく改善させた技術を日本の日東建設株式会社が開発した。CTS-02 v4という非破壊式のコンクリート強度測定テスターだ。CTS-02 v4はコンクリート強度測定に機械インピーダンスを計測することで高精度に測定が可能で、リバウンドハンマーと比べ圧倒的な精度で強度を計測できるだけでなく、コンクリートの表面状態や計測角度に影響されない。計読データはパソコンに転送することで強度分布図(Contour Map) の作成や詳細な強度解析も可能である。もちろん非破壊なので、圧縮強度試験のようにコンクリートを建物から抜き取る必要がない。


 日本では道路公団、アメリカではDepartment of Transportation、Port of Authorityなど公共施設の非破壊検査で利用されている。日東建設によるこの画期的な測定技術は、今後もさまざまな場面での展開が期待される。

コンクリートテスターの詳細については、以下のサイトを参照。

コンクリートテスター: https://www.concretetester.com/ (英語)

コンクリートテスターの技術: https://nittokensetsu.co.jp/technology/cts.html

(日本語)


********************


We see concrete everyday technically everywhere: buildings, tunnels, bridges, etc. As versatile and durable concrete is, when its strength deteriorates, concrete can crack and cause a catastrophe. That is why concrete testing is indispensable to assure absolute safety in various industries.

There are several technologies and methods to test the concrete strength: Compressive Testing Method is to remove concrete in a large cylindrical shape from a concrete structure; Sounding Method and Rebound Hammer Testing Method are both non-destructive testing. However, Sounding Method relies on operator’s experiences and senses, so measurement results may vary, the test data cannot be saved. Rebound hammers is a widely-used technology, but its accuracy is lower than Compressive Testing Method and not suitable for detecting the delamination on the concrete surface or deterioration inside of the concrete.

This innovative technology for concrete testing from Nitto Construction Inc. offers drastically improved accuracy of rebound hammers yet retaining user-friendliness of Sounding Method. CTS-02 v4, a non-destructive tester from Nitto, can measure concrete strength by checking the machine impedance at way higher accuracy than rebound hammers, and at the same time, the concrete surface and measurement angle do not affect the accuracy. The test result can be transferred to a user’s PC to create a contour map and analyze the strength. Being a non-destructive tester, CTS-02 v4 does not require any extraction of concrete from a building.

Nitto Construction Inc. has shared their technologies with Japan Highway Public Corp. in Japan, and in the US, Department of Transportation, Port Authority, and many other public facilities have incorporated Nitto’s technologies into their non-destructive tests.

For more information on Nitto’s concrete tester, visit https://www.concretetester.com.

営業・人事・販売・マーケティングの観点から、現在の日米ビジネスの分析をお届けする「日米ビジネス展望」というブログの第2弾が発行されました。A-Lexも寄稿しています。

今回は「米国自動車産業における日系企業の動向」をテーマに、弊社がお手伝いした日系企業の米国自動車産業界における成功事例をご紹介しています。ご一読ください。

https://www.ikigaiconnections.com/perspectives

Our 2nd blog is now live! This time, we discuss the Japanese companies in the US automotive industry. You can read the blogs in both English and Japanese. We welcome your thoughts and discussion points.

https://www.ikigaiconnections.com/perspectives

A-Lexはこの度、TRI K Ltd、 JMMC SolutionsIkigai Connectionsの在米3社と協力し、「日米ビジネス展望」というブログを開設しました。営業・人事・販売・マーケティングの観点から、現在の日米ビジネスの分析をお届けします。

今回のテーマは、「新型コロナウィルスによる日米ビジネスへの影響を考える」です。ご意見・ご感想をお待ちしております。

https://www.ikigaiconnections.com/perspectives



A-Lex collaborates with TRI K Ltd, JMMC Solutions, and Ikigai Connections to create a new blog that focuses on US/Japan business matters as seen from different perspectives: management, sales, marketing and human resources.

Our first topic is covid-19, and you can read it in both English or Japanese. Thoughts and discussion points are welcome from anyone involved in the US/Japan business world!

https://www.ikigaiconnections.com/perspectives

1
2

CONTACT

A-Lex International Marketing, LLC

  • Facebook Social Icon
  • LinkedIn Social Icon

Headquarters

A-Lex International Marketing, LLC

1111 N. Plaza Drive, Suite 755

Schaumburg, IL 60173 U. S. A. 

E-mail:   support@a-lexint.com
Phone:  +1-847-593-7000

Japan Office

 

1-16-23 Palais Royal Junkeicho,  Suite 206
Minami-Semba, Chuo-ku, Osaka-City
Osaka 542-0081 Japan

E-mail:  support@a-lexint.com
Phone:  090-2623-3479

CONTACT FORM

Fields marked as * are required. Fill them in and click on the submit button. 

Copyright © 2020 by A-Lex International Marketing, LLC. All rights reserved.